テン乗り勝負パターンの見極め方の著者竹内の競馬データブログ。競馬騎手のデータや指数等一歩進んだ馬券・競馬への取り組み方を競馬ファンにお届けします。

新潟大賞典 京都新聞杯

新潟大賞典

レイティングだと65以上が好走のラインなのですが
10頭もいるのでちょっと扱いが難しいです。
狙い目としてはトーセンキャプテン、昨秋はとにかくスタートが悪かった。
大舞台でスタートミスがあればあの結果は当然です。
ただG3程度なら出遅れて勝ったこともありますし
ここから立て直しという形は十分にあるでしょう。
これを本命とします。

◎トーセンキャプテン
○マンハッタンスカイ
▲オースミグラスワン
△アドマイヤフジ
×オペラブラーボ
☆アーネストリー

ここのギャップはマンハッタンとトーセンキャプテンですね。

京都新聞杯

レイティングは58以上が勝っているレース。
8・10・5・6の4頭、ギリギリ12番が足りない。
負けられない条件なのはリクエストソングでしょう。
京都得意ですし、競馬が後手にならなければ。
相手は他の4頭と行きたいところですが、ギャップ馬は入れておかないといけません。

◎リクエストソング
○トランセンド
▲メイショウドンタク
△ベストメンバー
×デルフォイ
×ロードロックスター

何があってもギャップ外したら負けへ向かいますからね(笑)
トランセンドとドンタクですね。

という感じです。
明日はテン乗り勝負気配が以外と多い、先週の不調を取り戻せるか?という感じです。
年間回収も146%ぐらいになってしまいましたからね。

MSHはどこまで好調を維持出来るのか?というところです。
高配当も50万、5万、9万等連続して出ておりますし
単勝回収率も飛躍的に上昇しておりますし
まだまだ、高配当を当てていけるのではないかと。
成績が見違えたので、結構色々なところでまたレビューされていたりしますし
新規使用者さんも増えたので、下手な波がなく安定してくれるといいんですけどね。
http://at-a-gallopx.net/msh/index.html


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0