テン乗り勝負パターンの見極め方の著者竹内の競馬データブログ。競馬騎手のデータや指数等一歩進んだ馬券・競馬への取り組み方を競馬ファンにお届けします。

ダービー 金鯱賞 目黒記念 対策

ダービー対策

1番人気が強いのがダービー。
強い馬が勝つということになっているわけですが
今年はどうでしょう?
皐月賞のゴールの瞬間までは、ダービーも同じような面子が上位なる
堅いクラシックになると思っておりましたが
今になると混戦なんじゃないか?と思ってしまいます。

レイティングでは1位と2位で合わせて5勝。
格上の馬が勝つという意味では正確でしょう。
指数別で見ると面白いですよ、63以上の馬が5年連続で1着です。
これだけ勝っててもプラス計上になる計算。
ですが、2着馬は60以上63以下の馬が5年連続です。
それ以下は3着もありません、ここはポイントではないでしょうか。

今年は人気が分かりにくいですね。
私にはさっぱり読めません、皐月賞人気惨敗馬がどこまで評価されるのか
皐月賞以外の路線の馬の評価も混ざると、難しいです。
アンライは折り合いが良かったから切れたとも見れますし
私のカプチーノ(笑)は、距離よりも何よりも人気見てから。
セイウンワンダーは位置取りがこの馬のポジションでできるなら
全然話は違ってきますし、叩いて得意の東京でナカヤマフェスタも面白い。
リーチは逃げなきゃ掛るわけですから、他の馬次第になります。
ロジユニは、あれがたまたまだったのか、馬の走る気が萎えたのか
それによっても違います。

久々に伏兵的な馬、強いのに評価されない馬が
勝ちそうな雰囲気があるダービーだと思ってます。


金鯱賞 対策

タップダンスシチー賞と言ってもいいでしょうか(笑)
ここも人気上位が安定、レイティングでも1位の3勝、3位1勝。
妙に9位が馬券になるレースでもあります。
勝ち馬のレイティングがバラバラ、69以上あればかなり信頼できますが
いないレースとなるとレイティングでの軸探しは向きません。
前走逃げてる馬、先行した馬というのが基本。
前走4角で5番手以内にいる馬を狙うのが安全策の馬券になると思います。
あとは馬場を見みて検討でしょう。


目黒記念 対策

ダービー当日の12R、色々な思惑が集中するレースになりますよね。
去年は・・・、ディープから買って紐抜けて外した人が
負けを取り返そうと、美味しそうな配当を狙って予想をしたら
ガチガチで1~3着が決まってぶっ倒れたレースですかねぇ(笑)
基本的に堅い、上位の中で点を絞るか、1頭穴が来るケースが多いレース。
最近は4角で内中が良い場所になってますね。
レイティング的には66以上の馬を頭もしくは軸とする。
相手には63までの馬を選ぶ、自信があるならそれ以下の馬を
1頭程度予想に加えるということで考えるのが良さそうです。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0