テン乗り勝負パターンの見極め方の著者竹内の競馬データブログ。競馬騎手のデータや指数等一歩進んだ馬券・競馬への取り組み方を競馬ファンにお届けします。

投資法 逆マーチンゲールを考える

逆マーチンゲール、これって競馬ファンお馴染みのコロガシです。
買ったら次のレースに全額投資する、負けても初期投資が財布から減ってるだけなので
少ない元手で一発狙うには悪い方法じゃありません。

カジノで言う逆マーチンゲールは2倍2倍2倍を狙うことが一般的ですが、競馬ではもっと色々な狙い方ができます。
1番人気1倍台なら5連勝することもざらですから、コロガシは有効だったりしますし
私がたまにやることで、馬券種の移動コロガシという手もあります。
1Rで単勝2倍を1万円買って当てたと、払い戻し2万円をワイド10倍に1点買いという買い方だってできます。
そもそも100万馬券を当てるのは大変ですが、単勝10倍やワイド10倍を2連続で当てるのはそこまで無理難題ではありません。
1万スタートで2回コロガシて100万円の払い戻しになるわけですから、破壊力はとても高いのです。

競馬においては逆マーチンゲールはコロガシ馬券、カジノでは全て機械仕掛けですが
競馬なら一日36レースある中から自信のレースだけを狙えます、そういう意味では効果的ですね。
ただ、最近は自信のあるレースという対象が無い競馬ファンが多く感じます。
アナログ面での予想力が無い、レースを一切見ない、これじゃ美味しい馬は見えてきませんし
何より馬券が上手くなるわけがありませんからね・・・。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0