競馬を見る重要性

競馬を見る重要性

長年の競馬ファンでも、レースをほぼ見ないと言う人も多いです。
自分がお金を賭けた物を見ないというのも妙な話ですし
ギャンブルというのは、その場で勝負することで
場の空気や流れを掴む物ですから、見ないのは不利です。

 

例えば、前日買いをする人も多くいます。
芝レースのメインレース、自分が買うのは差し馬で
入れ込むと全く走らない馬だったとしましょう。

 

その日、それまでの芝レースは全く外が伸びず
その馬がパドックで酷い入れ込みをしていた場合
見ている人は予想を切り替えることができますが
前日に買ってしまえば、変更できません。

 

前日予想は所詮前日の物です。
・馬体重
・パドックの気配
・当日の馬場状態
・天気
・騎手変更の可能性
・騎手の調子
・オッズ
これらの情報を知らずにしている予想でしかありません。

 

現物を見ずに馬券を買うということです、危険だと思いませんか?

 

またレースを見ることで、自分の目で見た情報を頭にストックできます。
これは前走「不利」や前走「4着」ということを競馬新聞で見るだけでは
得ることのできない情報になります。
どんな不利がどういう時に起こったのか?という判断は目の方が正確です。

 

「4角不利」
と文字で見て分かることは、4コーナーで不利があったことだけ。

 

目で見て分かることとして
・4角で加速した時の不利なのか?
・手ごたえが悪い馬が不利を受けたのか?
・騎手のミスで不利を受けたのか?
等など、新聞では分からないことが分かります。

 

正直、毎週無駄に競馬新聞を買うのなら
TARGETとグリーンチャンネルが揃うわけです。

 

またレースを見れることで良い点というのは
ゴール後の脚色も分かりますし、手前を変えずに走った馬や
騎手が鞭を落としたり、勝負しなかったりということも分かります。

 

競馬新聞では騎手のミスや勝負しなかったなんてことは
書けませんし、書くと取材拒否ということがあったりします。
ぶっちゃけると、「なぁなぁ」の関係でしかありません。
明らかに騎手がミスをしたのに、敗因が全然違うことということもあります。

 

競馬初心者でしか気がつかないこともあると思いますし
頭の中が綺麗な状態の方が吸収できることも多いですから
ぜひレースを見ることを心がけてください。

レースを見る重要性関連記事

競馬初心者 TARGETのススメ
競馬初心者 TARGETのススメ
馬券の意味
馬券の意味
重賞と未勝利戦は同じ
重賞と未勝利戦は同じ
予想の仕方の1つ
ディープインパクトの好走ケースから予想の仕方を考えましょう。初心者から脱してください。
競馬初心者でも当たるでしょ?
競馬初心者でもこれで当たらないわけがない!?どう考えても予想できます、できないなら諦めよう・・・。

競馬記事最新分