中央競馬 重賞の傾向と対策

有馬記念 ラジオNIKKEI杯2歳S

◆ラジオNIKKEI杯2歳S

 

過去7年でレイティング1〜3位で5勝
馬券頭数が11頭と偏っています。
数値的には58.0以上で5勝2着2回3着1回で
馬券率55.3%、単回収116%と好成績です。

 

54.0以下は過去に馬券対象になったことが無いので
56.0〜57.9の馬がある意味鍵になってきますが
前走1着の関西馬で5番人気以内にほぼ該当します。

 

このレース自体の坂路時計の特徴はありませんが
阪神芝2000mでの、今年の傾向を見ますと
以下のような大きな特徴が出ていることがわかりました。

 

当該週坂路最速時計時の
2>1Fの加速が1.0秒以上の馬
⇒勝率17.6% 単回収381% 複回収177%

 

これは他のレースでも活用できる情報ですので
ぜひ覚えておいてください。

 

 

◆有馬記念

 

もちろんですが、ディープインパクトが過去の数値1位で
2006年に74.9というレイティングで1着になっています。
ただ例外的とも言えず、昨年のブエナビスタは73.6
2006年の3着ダイワメジャーは73.5ですから
73.0を超えた馬が馬券を外したことは無いということになります。
70.0以上の馬が過去5勝となっています。

 

3歳馬の数値という目線ではディープが飛び抜けていて
唯一70.0を超えた馬なのですが、実際に3歳で1着になった馬は
66.8のヴィクトワールピサなので、数値は参考になりません。

 

ピサを省くと70.0以下で1着になったのは
マツリダゴッホ1頭だけですので、やはり勝ち馬の基準は
70.0としておいて、それ以上の馬が沢山いるのであれば
71.0ぐらいまで引き上げることで絞るのがいいと思います。

 

当該週坂路時計がない馬は勝っておらず、
また53.0秒以上のからしか1着と2着は出ておりません。
52.9秒以下の速い時計を出している馬は全敗です。

 

しかし、当該週坂路時計の持ち時計(自己ベスト)では
栗東馬で52.9秒以下が3勝、美浦では48.9秒以下の馬が
1勝3着2回(マツリダゴッホとエアシェイディ×2)と
穴になっているのが警戒した方がいいポイントかもしれません。

 

あいにく、本年は該当馬がいませんが
近いところでは49.6秒のマイネルキッツがいますし
次に早いのは50.5のシャドウゲイトとなりますね。

 

 

トーセンジョーダンは過去に当該週坂路で51.0秒台を
出した時は3戦して3勝しています。
ヒルノダムールも同じ時計の傾向で2戦して2着2回。
マイネルキッツも同じ時計で2戦して2着3着が各1回。

 

ローズキングダムは52.0秒台で7戦して2勝2着1回3着2回。
レッドデイヴィスも同じ時計で2戦2勝。

 

当該週坂路最速時計時の
2>1Fの加速が1.0秒以上の時、エイシンフラッシュは
2勝2着1回3着2回という結果を出しています。

 

こういう馬個々の傾向というのもありますね。

 

有馬記念の特集はミリオンダラーブログでも
三夜連続で行っております。
http://blog.livedoor.jp/mdollar/

 

 

さて、今週末はガッツリ馬券を買うぞという人も
多いのではないかと思いますが、上記したような
個々の馬の坂路の好走時の特徴を

 

・49.9秒以下
・50.0秒台
・51.0秒台
・52.0秒台
・53.0秒台
・2>1F加速0.1〜0.9秒 
・2>1F加速1.0秒以上 

 

これらのパターンに分けまして、
今週だけの特別コンテンツとして、ギャップ馬本館と別館に
それぞれ掲載しておきました。

 

※本館⇒竹内予想のページ下部
※別館⇒ローテ判定のページ下部

 

 

◆ギャップ馬別館
競馬,騎手,データ,レイティング,コンピ,マイニング,競馬新聞,競馬ソフト

 

ちなみに、2012年は1月5日の開催から更新いたします。
gallop新聞もミリオンダラー馬券術も同じです。

 

よろしくお願いいたします。

 

◇競馬最強の法則 ミリオンダラーMAKER!!◇

朝日杯フューチュリティS

・阪神カップ
第6回目となる阪神カップ(記憶と違うが)
3歳馬はレイティング63.0以上が好走馬の目安で
3歳を除くと67.0以上が目安という感じです。
67.0以上の馬は過去22頭で、3-3-1-2-1-12/22ですから
このレースの中心になっていることは間違いありません。

 

その他も気になるポイントとして
前走のテン3Fが35.0秒台が4年連続1着で
2着も3回という偏りが出ています。

 

坂路の当該週持ち時計(過去にレース当該週に出した最速時計)は
美浦が48.9秒以下、栗東が51.9秒以下、これらが5年間の
勝ち馬の共通点ということも特徴です。

 

前走時までで該当している登録馬は
プロヴィナージュ
ヤマカツハクリュウ
ゼンノベラーノ  
オセアニアボス  
コスモセンサー  
エアラフォン   
エーシンフォワード
リディル     
フラガラッハ   
ドリームゼニス  
タマモナイスプレイ
シルポート    
サワヤカラスカル 
サワノパンサー  
グランプリボス  

 

これは多いですね、この目線では絞れないかもしれません。

 

 

・朝日杯フューチュリティS
レイティング60.0以上が1頭該当の1勝。
59.0〜59.9が16頭該当で2勝
58.0〜58.9が30頭該当で1勝
57.0〜57.9が32頭該当で3勝
56.9以下の馬は30頭いて馬券率0%
というのがここ7年間の結果となります。

 

前走京王杯2歳Sからの馬がレイティング59.0台だと
過去9頭で1-3-1-4/9と馬券率が高いです。

 

前走が東京スポーツ杯2歳Sで1着の馬は
レイティング1位の時に2戦2勝していることも特徴です。

 

当該週の栗東坂路で52.9秒以下の馬が
過去11頭で1-2-3-1-2-2/11で、掲示板を外した馬が
2頭しかいないところからも注目できるポイントです。

 

また、メルマガ勝つ資格で言うところの
坂路判定1〜6の馬は、過去32頭該当しており
何と3-4-4-1-3-17/32という好成績です。

 

(判定については勝つ資格を参照してください)
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=mt23&m=1eqi

 

メルマガ購読・解除
 

 

◇競馬最強の法則 ミリオンダラーMAKER!!◇

 

 

阪神JF

 

 

・重賞対策・

 

中日新聞杯・・・小倉開催なので省略
カペラS ・・・まだ4回目なので省略

 

 

・阪神JF
レイティング59.0以上という高い数値の馬が
人気上位になることが多いですが、現状過去7年で全敗です。
馬券率は高いが勝ちきれないのがこの時期の牝馬の難しいところか。

 

57.5〜58.9の馬が過去7年で43頭該当しますが
4勝、2着3回、3着2回で単回収133%
56.0〜57.4の馬は39頭該当しており、
2勝、2着2回、3着3回となっています。

 

これでは絞りきれないので、坂路にも注目したいところです。

 

美浦坂路当該週53.9秒以下の馬が過去10頭で3頭が馬券に
なっているので、該当馬がいれば抑えておきたいです。

 

過去4年での前走のテン3Fは36.0台が3勝2着4回。

 

これを加味するとある程度絞り込めるかもしれませんね。

 

 

 

オマケ

 

中日新聞杯が行われる小倉芝2000mの
2009〜現在までの傾向があります。

 

栗東坂路の当該週持ち時計が51.9秒以下の馬が
何度も好走しています。

 

(※レース当該週に出している坂路時計の最速値の
過去全てのレース当該週での持ち時計)

 

3年間で勝率11.9%
(レース勝率ではないので、同時に2頭以上出走する場合もある点注意)
単回収率131% 複回収94%もあります。

 

今回の中日新聞杯、今レースの当該週坂路を省き
前走時までの栗東坂路の当該週持ち時計で51.9秒以下を
持っている馬は以下になると思います。

 

 

?????????
馬名は明日午前発行のメルマガで。

メルマガ購読・解除
 

 

 

まぁ、他にも小倉2000m芝はあるので
このレース以外も参考にしてください。

 

じゃないと傾向もへったくれも無いので(笑)

 

◇競馬最強の法則 ミリオンダラーMAKER!!◇

ジャパンカップダート 他

・ステイヤーズS
レイティング66.5以上の馬が過去7年で3勝。
該当馬が13頭で3勝(2着2回3着3回)ですから
軽視できないですし、馬券率も高いですから軸候補にも
しやすい馬がこの範囲内にいるという目安になります。

 

65.0〜66.4は2着3回3着2回と勝ち馬はいませんが
頭数が12頭なので馬券率はここも高いです。
それ以下でも勝ち馬は4頭も出ていますが
馬券の中心は上記までというところでしょうか。

 

3歳馬は60.4以下は全て馬券外になっていますが
62.0以上は4頭中1勝2着1回となっているので
3歳馬の判断材料にはなるのではないでしょうか。

 

坂路調教よりコース調教をしている馬を注意したいところです。

 

 

・鳴尾記念
レイティングが高い馬の取りこぼしが目立ちます。
68.0を超えている馬は4頭中1勝していますが
66.0〜67.9の馬が過去21頭いて全敗(3着4回)
64.0〜65.9の馬が最も頭数が多く40頭該当しますが
勝ち馬が4頭出ているので、10頭に1頭勝つような割合です。
ただ、2008年は該当馬が全敗、2009年は1着でしたが
他4頭は馬券外、昨年は4頭全て馬券外ですので
近年の傾向はずれているようにも感じます。

 

3歳馬は62.0〜63.9で馬券率57.1%
64.0〜65.9で馬券率60%と高くなっていますが
61.9以下は1頭も馬券になっておりません。

 

阪神芝1800mでの当該レースを見ると
当該週坂路で美浦54.9秒以下、栗東で53.4秒以下の
馬券率が高く、勝ち馬も4頭該当しています。

 

坂路調教は確認した方が良いのではないでしょうか。

 

 

・ジャパンカップダート
レイティング70.0を超えている馬が10頭中1頭しか
1着になれてないように格だけでは勝てないレース。
68.0〜69.9が20頭中1着3頭、2着3頭と割合は多いですが
過去7年の歴史の中でも数値が下から5番目の馬ですら
連対しているだけに、レイティングでは絞りにくいところ。

 

阪神ダート1800mでのここ3年を見ると
栗東は当該週53.0秒以下の坂路か59.0秒以上が狙い目。
当該週持ち時計では、栗東で53.9以下を持っている馬が
3年連続勝ち馬に該当しているようです。

 

前走時までの当該週持ち時計が53.0秒以下の馬は
エスポワールシチー
トウショウフリーク
バーディバーディ 
テスタマッタ   
マカニビスティー 
エイシンダッシュ 
となりますが、ヤマニンキングリーやソリタリーキングも
コンマ数秒差しかありませんでした。

 

メルマガ購読・解除
 

 

◇競馬最強の法則 ミリオンダラーMAKER!!◇

2011年12月の重賞対策関連記事

中山金杯 京都金杯
中山金杯と京都金杯で乾杯、金杯の鍵は調教にあった!?
小倉記念 対策
小倉記念の対策記事になります。
シンザン記念 フェアリーS
シンザン記念 フェアリーSの対策です。 まだ時間はありますが気は抜けませんよ。
シルクロードS 根岸S 京都牝馬S
シルクロードS 根岸S 京都牝馬S、1月最終週はこの3重賞がお出迎え。ここで勢いを付ける2011年の上り馬は?
平安S アメリカジョッキーCC 対策
平安SとアメリカジョッキーCCの対策号です。地味な重賞というイメージの方が多いようですが、中々先に繋がる良いレースも生まれることがあります。しっかり対策しておきましょう。
京成杯 日経新春杯 対策 
京成杯と日経新春杯の対策号です。2011年版
小倉大賞典 東京新聞杯 きさらぎ賞
小倉大賞典 東京新聞杯 きさらぎ賞のレイティング対策です。東西で古馬の春へ向けた大一番、そしてきさらぎ賞ではクラシックへ向かうレースと、春の足音が聞こえてくるか?
フェブラリーS ダイヤモンドS
フェブラリーS ダイヤモンドSのデータです。 砂の王決定戦、競馬ブームを起こすようなスターが誕生するのか?ダイヤモンドSは長期戦、長距離砲の闘い、じっくり観戦しましょう。
アーリントンC 中山記念 阪急杯
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
弥生賞 他
クラシックへの登竜門、弥生賞が行われます。 今年もガチガチの決着になるのでしょうか?それとも・・・
共同通信杯 クイーンカップ 京都記念
共同通信杯 クイーンカップ 京都記念のレイティング等の対策です。
フィリーズレビュー 中山牝馬S
フィリーズレビュー 中山牝馬S、乙女と淑女の決定戦。3歳牝馬で抜きんでる馬は?そんな娘の将来の壁となる大人の女はどの馬だ?
フラワーカップ スプリングS
フラワーカップとスプリングSの予想対策です。 今年は変則的な開催になりますが、やれることはしておきましょう!!
毎日杯 高松宮記念
毎日杯と高松宮記念の対策です。 今年は阪神を駆け抜ける快速馬、6ハロンの王はどの馬の手に!?
日経賞 中山牝馬S
日経賞 中山牝馬Sの対策です。
大阪杯
大阪杯の対策です、名誉ある重賞を制覇する馬は?春の王座に手を書ける馬は誰だ?!
阪神牝馬S ニュージーランドT
阪神牝馬S ニュージーランドTの対策です。 春の3歳女王が決まる前日に古馬の女王が睨みをきかせる。
マーチS
マーチSの対策です。今年はプレミアムレースで開催ですね!!
桜花賞
2011年、暗い日本に光を照らす3歳女王決定戦。レーヴディソール不在になり、2着争いの予定が優勝に色気を出す各馬、一体どの馬が頂点に立つのか!?
マイラーズC
マイラーズC、快速マイル王はこの中にいる? 安田記念へ続くマイルを走りきれ!!
皐月賞 他
皐月賞のレイティング対策です。
しらさぎ賞
しらさぎ賞の予想です、2強?いや穴が2頭・・・
天皇賞 青葉賞
天皇賞 青葉賞、2つのビッグレースの対策です。
NHKマイルC 新潟大賞典
NHKマイルC 新潟大賞典の徹底攻略です。 傾向と対策、予習をしておきましょう。
オークス 東海S 対策
オークス 東海S 対策。オークスは徹底的に対策を掲載、絶対当てたい人は要チェック!!
安田記念 ユニコーンS 対策
安田記念 ユニコーンSの対策です。 特徴の出ている重賞なので当てたいところですね。
エプソムカップ CBC賞
エプソムカップ CBC賞、G1の中休み?冗談じゃありません、妙味があるのは今週だ!? 今週も徹底解剖していきましょう。
マーメイドS
波乱必死!?マーメイドSの攻略をしておきましょう!!
宝塚記念
宝塚記念の対策をしています。レイティングから坂路時計まで、このレースには実は秘密がある!!
函館スプリント ラジオNIKKEI賞 対策
函館スプリント ラジオNIKKEI賞の対策記事となっております。WIN5に絡む大事なレースです、しっかりと予習をしておきましょう。
七夕賞 プロキオンS 対策
七夕賞とプロキオンSの対策記事です。 荒れる?荒れない?その判断方法があった?
アイビスサマーダッシュ
アイビスサマーダッシュの対策です。
関屋記念 函館2歳S 函館記念
関屋記念 函館2歳Sの対策ページです。
クイーンS 北九州記念
クイーンS 北九州記念の重賞対策です。
2011年札幌記念
2011年の札幌記念の対策です。 単純などこでもしている対策とはひと味違う対策をしていますよ!!
キーンランドC 新潟記念 小倉2歳 新潟2歳
札幌の快速王を決めるキーンランドC 新潟記念は今年も荒れるのか?徹底解剖!! 小倉2歳 新潟2歳、いち早い2歳重賞ウィナーを探せ!!
朝日チャレンジカップ 京成杯オータムH
朝日チャレンジカップと 京成杯オータムHの予想対策号です。しっかり準備をして秋競馬に備えたいですね。
オールカマー 神戸新聞杯
何でも来いのオールカマーはアーネストリーの確勝?神戸新聞杯も1強ムードで今週は平穏か?
2011年10月の重賞対策
重賞の対策をレイティングや調教でおこなっています。前走何着とか前走の騎手とかどーでもいいです、人と違うことをやらないと勝てません。
2011年11月の重賞対策
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。

競馬記事最新分