競馬予想 競馬騎手攻略 指数 総合競馬サイト at a gallopX

2012年10月の予想

京都12R

 

天皇賞の予想はレッドラインラボで掲載中。
カシオペアSはレッドラインラボメルマガで
配信してしまいましたので・・・

 

こちらでは京都の最終レースを予想したいと思います。

 

⇒天皇賞の予想はこちら
http://redlinelabs.com/

 

◎ハーキュリーズ
○アンチュラス
▲ゴールドベル
△メイショウサバト
×ウインスラッガー
×サンデーミューズ

 

ハーキュリーズはCW終い11秒台の時は
コンディションが良いことが多いですし、
1日の騎乗数が多くなってきた時の
川田騎手の騎乗は若いだけあってノってくる
傾向にあります。
ミリオンダラー馬券術的に見ても
経験値が高いですから期待しています。

 

アンチュラスは前走久々となったレースで
0.4差と悪くない結果。
叩いて前進が見込めますし、池添騎手もこれまた
騎乗数が多くて調子が上がるのでその点も良し。

 

ゴールドベルは2連勝中と好調ですが、
前走が昇級即1着で今走レイティングも
そこそこ伸びて高いですから、評価できます。

 

差し転向してから好調になってますが、
1枠なので包まれる心配がある分だけ割引。

 

◇競馬最強の法則 ミリオンダラーMAKER!!◇

第55回毎日放送賞スワンS

第55回毎日放送賞スワンS
◎テイエムオオタカ
○ショウリュウムーン
▲ダノンシャーク
△サンカルロ
×エーシンホワイティ
×グランプリボス

 

目下好調のテイエムオオタカ。
今走はグッと相手関係が厳しくなりますが、
坂路の動きが上々ですし、調教とコースの相性も良い。
坂路判定も4戦3馬券内と好走パターンですし、
人気はありませんが先行粘りこみに期待しています。

 

ショウリュウムーンは久々の芝1400mが鍵ですが
展開1つで突っ込んでこれる脚はあります。
前走Rレベル高★経由のキングカメハメハは
回収率も高いですし、好配当狙いでこの馬を対抗に。

 

以下、×まで流したいとおもいますし
△までは単も抑えておこうと思います。

 

◇菊花賞

◇菊花賞

 

ミリオンダラー馬券術ブログでの傾向と
レッドラインラボで書いた坂路の傾向と
そしてアナログ的な部分からの予想です。

 

まず、ミリオンダラー馬券術ブログで書いたように
過去4年共に「能力上昇」に該当している馬が
1着になっています。

 

その全頭をここに記すことはできませんが
(出馬表利用者様がおられますので)
能力上昇馬中心に狙って行きたいと思います。

 

 

しかしその前に、菊花賞の傾向として
レッドラインラボで書いたことと照らしあわせて
行きましょう。

 

当該週坂路最速時計が57.0秒以下の馬の場合
坂路判定が0以外じゃないと勝ってない。
という事に該当している馬が

 

コスモオオゾラ
ゴールドシップ
ラニカイツヨシ
ロードアクレイム
ニューダイナスティ
ミルドリーム

 

 

次に当該週坂路最速時計が64.0〜65.9秒が
ここ8年で4勝もしているという注目ポイントですが
該当馬がフェデラルホール1頭だけでした。

 

ここまでが坂路からの話ですが
ここからは竹内のミリオンダラー馬券術からの
傾向を掲載していきます。

 

 

前走Rレベルが高★の馬が4年で3勝

 

ゴールドシップ
ベールドインパクト
ロードアクレイム
マウントシャスタ
ミルドリーム
ユウキソルジャー

 

 

R+が1勝 R-が3勝

 

ゴールドシップ
フジマサエンペラー
マウントシャスタ
ロードアクレイム
エタンダール
コスモオオゾラ

 

 

そして、能力上昇馬しか1着になっていない。

 

ということを前提にしての予想ですが、
ゴールドシップが人気を被っているだけに、
3頭チョイスの単3頭で検討しています。

 

 

◎ロードアクレイム
○マウントシャスタ
▲フェデラルホール

 

 

ロードアクレイムは戦歴こそ地味ですが、
その時その時のレースで強いメンバーと
レースをしているので、能力は低くありません。

 

特にラジオNIKKEI賞で後方から競馬をしたことが
神戸新聞杯で生きての2着。

 

戦歴からは想像できませんが
一度もレイティングを落としてないので
数値的にも成長しています。

 

ディープインパクト産駒の前走Rレベル高★は
今年非常に好成績ですし、坂路も本気モード。

 

マウントシャスタは白百合Sから
Rレベル高★の連発での経験が大きい。

 

前走も仕上がり途中で3着まで来ていますし
坂路も合格ですし、これも前走高★のディープインパクト。
条件は揃っています。

 

フェデラルホールはやはり過去8年で
4頭が該当してる調教時計に1頭だけ該当している点が
面白く感じます。

 

前走高★でもない、R馬でもない、
ですが他の重要なファクターは該当していますし
3連勝の勢いと長距離への適性も高いだけに
先行押切りがあってもおかしくありません。

 

単勝3点で勝負します。

富士S

富士S
◎ガルボ
○コスモセンサー
▲スマイルジャック
△フラガラッハ
×スピリタス
×ゴールスキー

 

Rレベル高★の安田記念で0.5差の5着。
高★〜高+のマイル重賞では主役を張っているだけに
ここはあくまでも通過点という立場になりました。
本格化する前の富士S(高+)でも好走しているだけに
東京マイルはベスト条件でしょう。

 

ここでなら勝ち負けして当然の存在ですし、
今のままのオッズなら単複でいいかと思っています。

 

コスモセンサーは調教で元気いっぱいですし
前走以上に動けるかと思います。

 

高★レベルの重賞連戦で全て結果を出しているだけに
この馬の強さというのは本物でしょう。

 

問題は中谷雄太騎手のテン乗りで重賞であることですが
これに関しては馬の調子の良さで相殺だと考えます。
むしろ騎手で人気落ちするなら悪くありませんしね。

 

スマイルジャックは好走するならこの東京マイルで
尚且つ包まれない外枠という印象ですが、
前走の毎日王冠を明らかに何のプランも無く
厩舎が(オーナーが、という方がいいかも)使ってますし
ずさんに使っている印象が否めないです。

 

マイルで引退するという話もありますが
そこまで適当に使い続けて終わらせる・・・
というプランの可能性もあると感じつつ、
しかしこの馬の地力が出せて好走できるなら
今走がラストチャンスだと思います。

 

高配当が生まれるならこの馬が絡んでいるのでは?

 

まだまだ高★の重賞で0.5差以内にこれていますからね。

 

 

馬には気の毒ですが、調教師や馬主さんが違えば
全然違う競走馬人生だったと思いますけどね・・・

 

アイルランドT

アイルランドT

 

◎セイクリッドバレー
○レインボーペガサス
▲リルダヴァル
△メイショウウズシオ
×アカンサス

 

昨日の府中牝馬S、マイネイサベル本命的中の
勢いのまま本日も予想していきます。

 

アイルランドT、本命はセイクリッドバレー。

 

前走は休み明けと-12キロという条件も悪く
度外視してよいレース。

 

今走は調教も非常に良く見えますし、
明らかに復調してきています。

 

芝2000mは安定している馬ですし、
東京同コースでも3着2回。
白富士SではRレベル高★で3着の0.1差ですから
かなり評価している馬です。

 

メンバーも手薄ですし、位置取りは下げると思いますが
テンがこの面子の中で遅い方でもないので
競馬はやりやすいのではないかと思います。

 

第60回府中牝馬S

第60回府中牝馬S
◎マイネイサベル
○ドナウブルー
▲オールザットジャズ
△ホエールキャプチャ
×スマートシルエット
×エーシンリターンズ

 

このブログの方ではまだお話してませんでしたが、
運営者の私竹内がTFCC損傷をしてしまいまして、
左手首が現在やや不自由な状態になっています。
それによりまして、メルマガ・ブログ共に
あまり沢山文章が書けない場合がありますが
ご了承ください。

 

さて府中牝馬Sはマイネイサベルを本命にします。
新潟記念は先行策で惨敗しましたが、
関屋記念やヴィクトリアマイルを見ても
今回の上位人気組と大きな差はありません。

 

またこの馬も場合差すほうが魅力がありますし
今走の条件を考えるとまず差す競馬をするでしょう。

 

松岡騎手が乗り続けて結果が出てないだけに
なぜまだ乗るのだろうか?という感じもしますし、
前走のコメントを見て「何を今更?君はデビューから騎乗してるんだぞ?」と
多くの競馬ファンに突っ込まれているだけに、
いい加減に結果を出さないと松岡騎手的にも問題でしょう。

 

クイーンCではホエールキャプチャと良い勝負をしてますし
能力を出しきれば高配当を演出できる馬です。

 

その他、ドナウブルーが一本かぶりになるなら
他の馬の単なども抑えておきたいと思っています。

 

ペルセウスS

ペルセウスS
◎ブライトアイザック
○ファリダット
▲インペリアルマーチ
△ボレアス
×シゲルソウウン

 

ブライトアイザックは今走の坂路判定での
馬券率が50%超えをしていますので、
まず準備体制としては良いかと思います。

 

前走高★レベルのオープン1着になっていますし、
江田×菅原コンビも悪くありません。
格下馬にも見えますが、経験してきているレースは
全てレベルが高いですし、前走高★経由のスペシャルウィーク
というのも傾向として良い。

 

相手関係は厳しいですが勝ち馬基準を超えて
R+馬判定になっていますし、後方になりすぎなければ
十分勝ち負けまでの可能性も持っていると思います。

 

 

2012年10月の予想関連記事

2012年1月の予想
競馬の重賞を中心とした予想を掲載しています。
2012年2月の予想
競馬の重賞を中心とした予想を掲載しています。
2012年3月の予想
競馬の重賞を中心とした予想を掲載しています。
2012年4月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2012年5月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2012年6月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2012年7月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2012年8月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2012年9月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2012年11月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2012年12月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。

競馬記事最新分