競馬予想 競馬騎手攻略 指数 総合競馬サイト at a gallopX

第49回CBC賞

第49回CBC賞

 

◎キョウワマグナム
◯ウインドジャズ
▲バーバラ
△ザラストロ
×マジンプロスパー
×サドンストーム

 

前走1年ぶりの競馬を走ったキョウワマグナム。
見た目的にはまだまだやれそうでしたし、
レース感が戻ってくればまだまだこれからの馬。

 

芝短距離での実績はありますし
ローカルでも強い。

 

できれば小牧騎乗が良かったですが、
北村騎手のテン乗りに大きな不安はありません。

 

今走の坂路判定は3ですが、
過去3勝と3着1回、5戦して掲示板率100%と
生き返りを狙うのではあれば今走でしょう。

 

※判定についてはレッドラインラボや勝つ資格で
http://redlinelabs.com/?page_id=231
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=mt23&m=1eqi

 

 

ウインドジャズは小坂騎手が前走テン乗りしましたが、
これまた休み明けということもあり度外視。
ただ、戦った相手は強いですし0.8差であれば
さらに前進できる可能性も低くありません。

 

中京も得意ですし、1200mにしっかりついていければ。

 

 

ラジオNIKKEI賞の予想はレッドラインラボで
http://redlinelabs.com/?p=1765

 

第20回函館スプリントS

第20回函館スプリントS

 

◎シュプリームギフト
◯ドリームバレンチノ
▲スギノエンデバー
△エーシンホワイティ
×アドマイヤセプター
×マイネルエテルネル

 

約1年勝ちから遠ざかっていますが、
阪急杯の相手関係で5着になるなど
能力はまだまだ衰えていません。

 

函館での勝ち鞍もありますし、
今走のできもまずまず良いですから
ここで久々の勝利を期待しています。

 

ドリームバレンチノは実績上位ですし
昨年のこのレースの覇者です。

 

前走の高松宮記念で2着ですから、
このクラスでは胸を張れる馬ですし
間隔があいても走る馬ですから
このレースでは最も勝ちに近い馬だと思います。

 

スギノエンデバーは高松宮記念後に鞍馬Sを使いの
参戦となりますが、この馬も経験は十分積んでいます。

 

阪急杯での0.5差、高松宮記念の0.4差は立派ですし
初の函館競馬場で変わり身があれば面白い1頭。

 

メルマガ購読・解除
 

エプソムカップ

◆エプソムカップ

 

G3としてはかなりメンバーレベルが高く
ミリオンダラー馬券術のRレベルは高★。
さらに、前走のスピード指数も平均的に高く
かなりメンバーの揃った一戦だと思います。

 

このようなメンバー構成の時に
3戦2勝、東京では負けなしの成績なのがクラレント。

 

今走はマイルじゃないので距離不安はややありますが
他の馬と比べて欠点も少ないですし、
1800mをこなせるレースがあるなら今走ではないか?
ということで本命としました。

 

同じように距離が不安ではありますが
この手のメンバー構成の時に強いのが
サンレイレーザー。

 

ここ3戦はかなりレベルの高い相手と
好走をしてきていますし、前走のような競馬をしても
上位に来れるということは、戦略が広がっているということ。

 

東京コースはやや未知数なところがありますが、
前走が良い練習になっていれば差しでもいいですし、
いつも通り前目の競馬でも面白いでしょう。

 

◎クラレント
◯サンレイレーザー
▲ファイナルフォーム
△タムロスカイ
×サトノアポロ
×サクラアルディート

 

マーメイドSの予想はレッドラインラボで
http://redlinelabs.com/

 

 

安田記念

 

◇安田記念

 

色々な意味で注目の一戦です。

 

短距離王ロードカナロアがマイルでも
王になれるのか?という点。

 

そして初ダートがG1、そしてRレベル高★を走ると
その後かなりどの馬も不調になるという過去がある中
生き返ることができるのか?というカレンブラックヒル。

 

ショウナンマイティはG1の壁を超えることができるのか。
三歳マイル王が同じ舞台で輝きを取り戻せるのか。

 

パーフェクトな存在の馬がいない
一筋縄ではいかない安田記念となりそうです。

 

 

まず、レッドラインラボ内で書いた
安田記念と坂路の過去傾向のまとめを
簡単に掲載していきます。

 

 

・栗東持ち時計50.9秒以下に好走が多い
エーシントップ
グランプリボス
シルポート
ロードカナロア

 

(サダムパテックが0.1秒足りず)

 

・坂路判定3〜4
シルポート
ダイワマッジョーレ
サダムパテック

 

・当該週坂路最速時計での最後の2F1F
 減速0.2秒〜0.0秒以上加速
スマイルジャック
ダークシャドウ
カレンブラックヒル
ダノンシャーク

 

 

ということで、複数該当してないですから
多くある予想ファクターの1つぐらいで
考えておくほうが良いかもしれません。

 

ただサダムパテックは2つ該当ということに
してしまってもいいかもしれませんね。

 

 

さて、とりあえず先に印から。

 

◎ナカヤマナイト
◯サダムパテック
▲グランプリボス
△ダイワマッジョーレ
×ダノンシャーク
×ダークシャドウ

 

 

本命なナカヤマナイト。

 

前走はハンデ戦で58キロを背負いつつ
不利があっての5着ですから、
これで人気を落としてくれるのは有難い。

 

中山記念を勝っているのですから
能力は全く落ちてませんし、
久々のマイル戦となりますが、東京マイルの勝ち実績に
東京コースでの実績もあるわけですから、
大きな不安はありません。

 

後方待機からの大外回しでは厳しいと思いますが
スタートさえ決まれば互角にできるはずですし、
仮に差す展開になっても中を割る形になれば
上位争いまでできるのではないでしょうか。

 

馬のコンディションの良さは調教からもわかりますし、
これまでの適正距離で止まるようになっているだけに
距離短縮しての変わり身への不安より期待があります。

 

問題は騎手のコンディション(腰痛持ち)の方ですね。

 

ダービー、鳴尾記念と連勝している武豊と
サダムパテックを対抗に。

 

坂路の持ち時計と坂路の動きから
安田記念への適性は強いですし、
マイルチャンピオンシップでの勝ちは偶然ではありません。
しっかりと実力をつけているという印象です。

 

不安点はRレベル高のレースで、
前走SP指数が速い馬が揃ったレースでは
2戦2敗していることですが、逆に考えれば
前走そういう京王杯を経験できたことが
今走生きてくるのではないかと考えています。

 

グランプリボスは調教の動き的には合格ですし、
サダムパテックと逆にRレベル高★メンバーで
SP指数が速いメンバーでのレースであった
マイラーズCやスワンSでの1着がありますから、
今走の相手関係はどんと来いという立場。

 

まだ仕上がり途上だった前走ということを考えると
今走は更に良い状態で出走できるでしょう。

 

 

ロードカナロアは最初に書いたように
マイルでは未知数ですが、それでいて1番人気の馬を
買うスタイルではないのでここは見送り。

 

カレンブラックヒルは毎日王冠で高★で前走SP指数が速い
メンバーを押さえ込んだレースを一番私は評価していますが、
その時の状態なら上位争いできると思います。

 

しかし、いかんせんフェブラリーSで初ダートの馬は
その後不振になることが多いですし、
カレンブラックヒルはまだまだ成長できる馬だけに、
フェブラリーSのせいでその機会を失っているので・・・

 

2頭とも人気じゃなければ当然魅力がありますが
これだけ人気しているなら別の馬からというスタイルで
馬券を狙っていきます。

 

 


↑ミリオンダラー馬券術本 好評発売中↑

 

 

 

 

 

鳴尾記念

鳴尾記念

 

G3としては兎にも角にもレベルが高い。
最近馬券になってない馬にしても
かなりハイレベルのメンバー構成で
戦い続けている馬が多いだけに混戦模様。

 

ミリオンダラー馬券術のRレベルは高★
そしてスピード指数が速い馬が揃っている
というレースだと判断しての話になりますが、
ダイワファルコンは経験が多いですが
馬券率は半分ぐらい。

 

パッションダンスはまさに前走がそういう
条件のレースを勝って着ていますし
阪神得意ということを加味して考えると
やはり最も勝ちに近い馬だと言えます。

 

ただ、これだけのメンバーですから
様々な馬の巻き返しを期待して、
高配当を狙いたいと考えるのが自分のスタイル。

 

そこで、今走とRレベルやスピード指数構成が
似ている函館記念と新潟記念を連勝している
トランスワープの巻き返しに注目してみます。

 

脚質は自在ですから当日の状況に合わせるでしょうし
前走は力を出し切れてないですから、
立て直すチャンスは十分だと思います。

 

初コースですがそれも魅力の1つ。

 

 

◎トランスワープ
◯メイショウウズシオ
▲パッションダンス
△ダイワファルコン
×トウケイヘイロー
×エアソミュール
×スマートギア
×ビッグウィーク

 

今回は手広く、人気薄を絡めて高配当狙いをしたいと思います。

 

 


↑ミリオンダラー馬券術本 好評発売中↑

2013年6月の予想関連記事

2013年のご挨拶&G1の日に狙いたい馬(音声配信)
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年1月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年2月の予想.
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年3月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年4月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年5月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年7月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年8月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年9月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年10月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年11月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2013年12月の予想
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。

競馬記事最新分