中央競馬 重賞の傾向と対策

アーリントンカップ

・アーリントンカップ
レイティング58.0以上が5勝、単回収136%
レイティング56.0〜57.9が3勝、単54%
ここ8年間のアーリントンカップは56.0以上の馬しか
勝っておらず、2着も6頭が上記に該当します。

 

栗東では坂路53.9秒以下の馬が過去4勝。
坂路ラップ判定(※メルマガ勝つ資格参照)にも特徴があり
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=mt23&m=1eqi
判定1が1勝、2が1勝、3が3勝、4が1勝と
かなり重要なファクターになっています。

 

ミリオンダラー馬券術のRレベルは
ここ4年で4つバラバラのRレベルになっていますが
前走が高+が1勝、高−が3勝ですから
前走普通以下では勝ち馬が出て無いことになるのも注目です。

 

http://saikyo.k-ba.com/members/takeuchi

 

 

・阪急杯 (阪神芝1400m)
レイティング66.0以上が5勝、それ以下が2勝していますが
基準は66.0以上ということで考えるべきでしょう。
前走重賞経由の馬が6年で6勝していますから、
それを踏まえると少し絞れるのではないでしょうか。

 

栗東坂路55.9秒以下の馬が3勝し2着も3頭です。

 

Rレベルはこの4年で高+3回と高★が1回ですので
メンバーが揃うレースという感じになっていますが、
前走高★経由の馬が何と3勝もしています。
(前走着差0.5秒までor勝ち馬で更に絞れる)

 

年度によってはそれで半分以下に絞れますし
今年も注目ですね(恐らく今年も高いです)

 

 

中山記念は木曜昼のメルマガに掲載

メルマガ購読・解除
 

 

◇競馬最強の法則 ミリオンダラーMAKER!!◇

ダイヤモンドS フェブラリーS

・ダイヤモンドS
レイティングの特徴はかなり広くなりますが
61.0以上から過去8年の勝ち馬と2着馬7頭が出ています。
前走1000万クラスで今走勝った馬はレイティング61.2。
前走1600万クラスなら今走63.0〜64.9が1-3-1(12頭)
前走オープン特別でも63.0〜64.9が2-0-1(8頭)と上々

 

ここ3年の勝ち馬は、過去にRレベル高+以上の
芝2400m以上で1着になっている経験があります。
上記に該当する登録馬は以下になります。

 

 

××××××××××××
××××××××××
×××××××××××
××××××××××
メルマガで木曜日に公開します。

 

メルマガ購読・解除
 

 

 

・フェブラリーS
レイティング1〜2位が合計7勝しており
それ以下はサクセスブロッケンのみというぐらい
レイティングが勝ちに直結しているレース。
勝ち馬の全てが67.0以上の馬となっていますが、
2着馬は8頭中6頭が66.9以下という結果になっています。

 

ですので、その1着と2着で過去8年中6年で1-2着に
なっているということになりますね。

 

坂路調教は当該週の栗東で52.9秒以下が
3-3-4(32)ということで坂路調教は気にした方がいいでしょう。

 

また栗東坂路調教の当該週持ち時計では
51.9秒以下の馬が6勝していることも注目です。

 

登録馬の前走時までの該当馬は以下。

 

トランセンド   
ケイアイテンジン 
シルクシュナイダー
グランプリボス  
エスポワールシチー
ライブコンサート 
ナニハトモアレ  
トウショウフリーク
セイクリムズン  

 

また、ミリオンダラー馬券術でいうところの
能力上昇馬(本メルマガの古い言い方ではアゲアゲホース)が
過去3年連続1着になっていることも特徴です。

 

 


↑ミリオンダラー馬券術本 好評発売中↑

 

◇いつまで適当に予想してんだよ?本気でやらないか?◇

クイーンカップ 共同通信杯

・デイリー杯クイーンカップ
レイティングより何より人気上位が優勢で
1番人気が過去8年で5勝、残り3勝は2〜4人気で各1勝。
競馬ファンの見る目が正しいことが多いレースと言えます。
レイティングでは1位4勝、2位2勝、3〜41位が各1勝です。

 

数値的には59.5以上が過去6頭で3勝2着1回と
大きな信頼の目安になります。
58.0〜59.4が4勝2着3回3着3回ですから
勝ち馬の基準は58.0以上と考えることが良いと思います。

 

レイティングが見れない人はR馬を目安にすれば
十分代用できることでしょう。

 

54.9以下の2着は過去無し、3着は1頭のみですが
2〜3着に関しては相当幅広いと言えますね。

 

坂路判定6.4.2が各1勝していることも
注目ポイントかもしれません。
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=mt23&m=1eqi
(坂路判定は上記メルマガで)

 

 

・共同通信杯
こちらもレイティング上位が好成績になっています。
1位2−3−1
2位3−1−1
3位0−2−2
4位2−1−1
5位0−1−1  というように5位までの勝負が多いです。

 

レイティング59.5以上が3-4-1-1-0-2/11という好成績で
信頼の目安になると思います。
そして54.9以下に連がないという点では、クイーンカップと同じ。
この時期の3歳の目安という言い換え方もできますね。

 

あまりそれ以外に特徴がありませんが
前走1〜3着しか勝ってないというところを含んで考えると
中心にする馬が浮かび上がるのではないでしょうか。

 

 

重賞対策というほどではありませんが
ミリオンダラーブログの方でも登録馬の成績を
Rレベルの高い時の物を載せていますので、
ちらっとアクセスしてみてくださいね。
http://blog.livedoor.jp/mdollar/

 

 

・京都記念
こちらはメルマガで木曜昼号の中で掲載しています。

メルマガ購読・解除
 

 

◇いつまで適当に予想してんだよ?本気でやらないか?◇

 

小倉記念 東京新聞杯

・小倉記念
過去7回(中京開催除く)レイティング2〜6位から
勝ち馬の全てが出ています。
レイティング数値は66.0以上が1-4-3-9/17
64.5〜65.9が4-2-3-24/33ということで、ほぼ全てが
ここから上位になっているという傾向になっています。
11 09 08 07 05年は1〜3着になりました。

 

坂路時計はそこまで気になりませんが
(坂路調教してない馬も沢山好走しているので)
栗東当該週53.9秒以下の馬は2-1-4と比較的多く馬券になっています。

 

メルマガ勝つ資格で書いている坂路判定の【3】は
過去4頭で1-1-1なので該当馬がいれば注意したいところです。

 

https://regssl.combzmail.jp/web/?t=mt23&m=1eqi

 

 

・東京新聞杯
レイティング数値は行く方が優勢という
現象が起きているのであまり参考にならないとは思います。
63.5〜64.9 3-2-3-25/33
65.0〜66.7 3-2-3-20/28
66.5以上  2-3-0-24/29
数値が低い方が良い結果が出ている理由としては
前走1600万下やオープン特別競走経由の馬が
好走している頭数が多いので、上記の様になっているのでしょう。

 

坂路は美浦で52.9秒以下の馬は穴で警戒必要。

 

 

過去の同コースRレベル高+以上の成績などは
ミリオンダラーブログでまとめてあります。
http://blog.livedoor.jp/mdollar/

 

・きさらぎ賞はメルマガで配信します。

 

メルマガ購読・解除
 

 

◇いつまで適当に予想してんだよ?本気でやらないか?◇

 

2012年2月の重賞対策関連記事

2012年1月の重賞対策
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。
2012年3月の重賞対策
競馬本の著者竹内の競馬総合サイト。競馬騎手考察やテン乗り理論、データ競馬やレイティング、コンピ、マイニングの指数攻略や投資競馬まで。

競馬記事最新分