連続マイニング1位のケース

連続マイニング1位のケース

マイニング1位のその後、ということがテーマです。
要するに前走1位の馬が、次走も1位というケース。
この成績が高く、単純に勝率27.5% 回収95%もあります。
競馬の場合忘れてはいけないのは、JRAがお金を最初に持って行きますから
95%というのはかなり高いということです。

 

さて、逆にマイニングが急降下した場合。
6位以下となると回収率64%程度まで落ちます。

 

マイニングが見捨ててない馬、1位を連続で付ける馬というのは
結構大きな差が出ているということです。
この1位−1位の馬が2番人気以下なら、それだけで回収117%ですし
かなり使える馬券データの1つになります。

 

特にこれは昇級戦に強いです。
普通ならクラスが上がれば早々勝てるものではありませんが
それでも前走に続いて1位を付けているという意味は大きいのでしょう。
レイティングと近い部分があるのかもしれません。
1位−1位で昇級戦の馬は、回収率が141%とかなり高く
2番人気以下なら182%という回収を出しております。

 

昇級して人気が落ちても、マイニングが前走に続いて1位なら買い
という考え方で穴が取れているということになりますね。

 

前走と競馬場が違うというケースも回収が100%あります。
条件が違うのに1位のままですから、信頼も高いのでしょう。
ただ体重が10キロ以上の増減で一気に信頼度が落ちます。
馬の状態面に関しては前走と同じぐらいが良いということでしょうか?

 

何にしても連続マイニング1位馬は狙い目です。

連続マイニング1位のケース関連記事

マイニング順位別成績
マイニング順位別成績
マイニング1位と騎手
マイニング1位と騎手
マイニングと馬場
マイニングと馬場
マイニング1位が堅いレース
マイニング1位が堅いレース
マイニングと障害レース
マイニングと障害レース
マイニングのあやふやさ
JRAVANマイニングが使いにくくなった理由
マイニング調査1
JRAVANのデータマイニングの考察
マイニング調査2
JRAVANのデータマイニングの考察
マイニング調査3
JRAVANのデータマイニングの考察
マイニング調査4
JRAVANのデータマイニングの考察
マイニング調査5
JRAVANのデータマイニングの考察
マイニング調査6
JRAVANのデータマイニングの考察
マイニング調査7
JRAVANのデータマイニングの考察
マイニング調査8
JRAVANのデータマイニングの考察

競馬記事最新分