競馬ブックレイティング データ 攻略

競馬ブック レイティング

私が一番最初に馬券研究で気になったのがレイティングです。
これは癖もありますが、その癖の把握をすることでかなり見返りがある指数です。
慣れてしまえば使いやすいですので、ぜひ当サイトでレイティングに興味を持ってください。
私のオリジナル利用法である、R馬やRレベルに関しましても
このレイティングがあるからこそ生まれましたし、レイティングを知らずしてR馬は使えません。
競馬は格、なんてことも言われますがレイティングはそれに近い指数ですし
人気に左右されないので、高配当を取り易い指数です。

 

 

◆レイティングを使った理論で競馬最強の法則デビューしました◆

競馬最強の法則

 

レイティングの効果的な使い方

競馬ブックでは能力指数ということになってますが、
実際には過去走の内容、経験値を測るものとして効果的に使うことができます。

 

レイティングは他の指数と違い「馬個別」のものです。
即ち、1位だから最大90、下が40、ということがありません。
長期的に馬券を買うのであれば、レイティングはその馬のパフォーマンスを表したものに見えてくるのです。

 

ですから、日刊コンピのように「そのレースで使えば」基本的にはゴミ箱へ捨てて良い数値、良く言えば分かりやすくシンプルな競馬ツールとは違い、
蓄積することで、数字に意味が出てくる物が競馬ブックのレイティングという数値なのです。

 

ある1頭の実績の無い馬が、過去を見てみると中山ダートだけで
好走し、数値も上がっていることが多いという情報が手元にあるとします。
即ちこれなら、中山ダートが本当に得意なのだろうという判断ができます。

 

しかし、同じケースで見た目は好走していても数値が大きく下がる馬もいます。
着順や着差だけで馬の善し悪しや好走を判断する競馬ファンは多いのですが、
それが本当に価値のある内容だったか?という判定に使うことができることも
競馬ブックレイティングの効果的な使い方の1つなのです。

 

 

レイティングを自分の馬券になじませる為に

◆レイティングを上手く使うために必要なこと◆

 

■数値にはクラス別で上限値の様なものがある

 

■過去走の数値を把握し、得意コースや得意条件、馬の経験を判断する

 

■レイティングの増減値を意識して見る、その数値の意味を考える

 

データ、数字を目で見るだけの人にはレイティングはおろか
データ競馬自体が合いませんし、諦めるべきです。

 

なぜこの数値なのか、数値が増えているということはどういうことなのか?

 

ここまで把握するからこそのデータです。

 

 

1+1=? という計算しかしてこない日本人には厳しい部分なのですが
数字から見える状況、景色を見ることがデータ競馬では重要であり
尚且つ、レイティングを使う場合では、そうでないと意味がありません。

 

頭を回転させた人間が効果的な武器にできるのがレイティングなのです。

レイティングの入手方法

競馬ブック・競馬ブックWEB・KOLで入手できます。

 

私は競馬ブックWEBもKOLも利用しておりますが、どちらでもレイティングを見ることができます。

 

蓄積して3カ月すれば、それは利用料金の倍以上の価値があると思います。

 

レイティングのデータ

当サイトでも掲載しておりますし、メールマガジンでも掲載することがあります。
レイティングの情報はネット上で検索してもあまりありませんので、
知りたいことがあれば、お気軽にご質問ください。

 

これほど素晴らしい指数もありませんし、レイティングのように使う人を選ぶ武器にこそ
勝機が見いだせるのが競馬だと思います。

レイティング関連記事

競馬ブックレイティング順位別成績
競馬ブックレイティング順位別成績
レイティングの特徴
レイティングの特徴
レイティングの特徴 2
競馬ブックの独自指数レイティング指数の特徴に関してのエントリー
レイティングの特徴 3 実践例
競馬ブックの独自指数レイティング指数の特徴に関してのエントリー
レイティングの特徴 4 実践例
競馬ブックの独自指数レイティング指数の特徴に関してのエントリー
レイティング 2歳攻略
競馬ブックの独自指数レイティング指数の特徴に関してのエントリー
レイティング 障害レースの特徴
競馬ブックレイティングを障害レースで使う場合の傾向と対策を掲載しています。
レイティング 障害レースの特徴 2
競馬ブックレイティングを使った障害レースの狙い方のその2です。
レイティング 障害レイティング数値0を使う
競馬ブックレイティングの障害レイティング「数値0」を使うとどうなるのか?活用方法はあるのか? 恐らく、どこにも書いてないデータです。参考にしてくださいね。
競馬ブックレイティングの増減から考える。
競馬ブックレイティングの増減から考える。

競馬記事最新分