レイティング 障害レースの特徴 1

レイティング 障害レースの特徴 2

競馬ブックレイティングは1位が
頭で来ず、10位以下が頭に来ないので
当然2〜9位の回収が高めになります。

 

そこで、2位以下の指数値を見ると
49.0までが加減、それを一歩超えるとデッドラインで
全体の20%ぐらいの馬は、回収が60%以下になってます。
このデッドラインが分かっているので、馬券の買い方を
前回から更に絞った場合、以下のような想定ができます。

 

 

2〜9(49.0以上)⇒1⇒2〜9(49.0以上)

 

2〜9(49.0以上)⇒2〜9(49.0以上)⇒1

 

 

また、53.0以上(1位含む)は勝率22.4%
単回収79% 複89%ということで
障害の未勝利戦は、53.0以上あれば優秀な馬
ということが言えますね。

 

 

競馬ブックレイティングは前走の数値も新聞に書いてあるので
前走53.0以上なら狙うという手もありますね。
前走大敗していれば更に巻き返しが期待できます。

 

 

 

 

◆ギャップ馬EX 手ぶらで暴徒と戦っているような貴方へ◆
http://gap-gap.com/gapex/index.html

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ購読・解除
 
◇いつまで適当に予想してんだよ?本気でやらないか?◇

 

 

レイティング 障害レースの特徴 2関連記事

競馬ブックレイティング順位別成績
競馬ブックレイティング順位別成績
レイティングの特徴
レイティングの特徴
レイティングの特徴 2
競馬ブックの独自指数レイティング指数の特徴に関してのエントリー
レイティングの特徴 3 実践例
競馬ブックの独自指数レイティング指数の特徴に関してのエントリー
レイティングの特徴 4 実践例
競馬ブックの独自指数レイティング指数の特徴に関してのエントリー
レイティング 2歳攻略
競馬ブックの独自指数レイティング指数の特徴に関してのエントリー
レイティング 障害レースの特徴
競馬ブックレイティングを障害レースで使う場合の傾向と対策を掲載しています。
レイティング 障害レイティング数値0を使う
競馬ブックレイティングの障害レイティング「数値0」を使うとどうなるのか?活用方法はあるのか? 恐らく、どこにも書いてないデータです。参考にしてくださいね。
競馬ブックレイティングの増減から考える。
競馬ブックレイティングの増減から考える。

競馬記事最新分